マルハニチロは、高見澤さんのアスベスト被害の責任を取れ!

成田博厚(アスベストユニオン執行委員)

■アスベスト疾患により大型冷凍船の機関員が死亡

高見澤一好さんは、1948年10月から1979年11月まで、マルハニチロの前身の一つである大洋漁業㈱の機関員として捕鯨船団やサケ・マス船団等に乗船。退職後に故郷の長野県で暮らしている時、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水、アスベスト肺を発症。断熱材など船舶内に使用されていたアスベストを吸い込んだことが原因でした。呼吸不全の症状は悪化し続け、15年9月、お亡くなりになりました。

一好さんの死後、ご遺族は船員保険を申請し、17年12月1日に職務上疾病として認定されました(労災認定)。そして、一好さんがアスベスト疾患によって死亡した責任は一好さんが乗船した船舶を所有するマルハニチロにあることから、ご遺族はアスベストユニオンに加入し、同社と18年4月16日に長野市内で団体交渉を行いました。マルハニチロは「業務日誌が保存されておらず船舶内での一好さんの状況を知ることができない」という理由で遺族への補償を拒否しました。

アスベストユニオンはすぐさま抗議と争議通告を行い、6月6日にコミュニティ・ユニオン首都圏ネットワークの仲間と共に江東区豊洲フロントにあるマルハニチロ本社前で抗議行動を行いました。

船員保険申請時にマルハニチロが発行した一好さんの在籍証明を見ると、同社が少なくとも一好さんの乗船日時や船舶名に関する記録を保有していることが分かります。また、当時の船舶内には断熱材など多くのアスベストが使用され、船内で機関等の運転、修理、点検にあたる機関員、操機手がアスベストにばく露したことを認識していることも分かりました。マルハニチロの対応は全く不誠実であると言わざるを得ません。船舶に乗船して働く機関員、操機手がアスベストにさらされる業務であることは一般的に知られており、アスベスト被害に遭った元乗組員に対する補償制度を作っている日本郵船のような船会社もあります。

厚生労働省が公表している一覧表を見ると、マルハニチロの前身である大洋漁業と日魯漁業では、中皮腫、肺がん、びまん性胸膜肥厚等で船員保険の職務上認定を受けた元乗組員が一好さんを合わせ10人もいます。このような状況でもマルハニチロは、自社の保有する船舶に乗船しアスベスト疾患を発症した乗組員への補償は行っておらず、被災者と家族は泣き寝入りを余儀なくされています。

抗議行動後も状況が変わらなかったためご遺族とユニオンは、旬報法律事務所の蟹江鬼太郎、早田由布子両弁護士に交渉を依頼。10月9日、「お話し合いによる解決は困難との結論に達した」との会社側代理人弁護士からの回答を受け、現在、一好さんの元同僚から機関員の仕事内容の聞き取りをするなどマルハニチロに対する損害賠償訴訟提起の準備を進めています。

マルハニチロは自社のアスベスト被害者に対する社会的責任を果たすべきです。アスベストユニオンは高見澤さんのご遺族を全力で支援します。高見澤訴訟への皆さまの絶大なご支援をお願い申し上げます。